銀節や@自由が丘

c0016177_13553863.jpg

 久し振りに自由が丘に来てみたのだが、やっぱりいい雰囲気の街だなあ。 なのに、なんで俺はこんなしょうもないラーメンを啜っているのだ、、、、と悲しくなった。 いや、これはもう下調べもせずに適当に入りこんだ自分が悪い。 なにも手を引っ張られて無理やり財布から金を取られたわけでもない。 全ては僕のミスだ。 ムジャキフーズというコンサルが展開する独立支援システムから生み出された店(独立といっても個人に店舗を委託する形)。 個人店ぽいんだけど、そうじゃない。外装、内装はそれっぽくみえるデザインだからよけいにたちが悪い。 なんとなく旨いんじゃないか、と錯覚してしまう。 だいたい多くの場合は見抜けるのだが、知らぬ土地のせいかあっさりとだまされてしまった。
 なにがダメかってもう汁。 無化調ですって貼り紙は絶対嘘だろ。 そりゃあたしかに、グルタミン酸ナトリウムは客に出す前に添加してないかもしれないが、その使っている業務用のスープにたっぷりはいっているだろう。 別に美味しかったらいいんだけど。 しょうゆ味は、そういう無化調の看板が功を奏して、薄っぺらいだけの汁を、「やさしい」「昔なつかしい」とかって馬鹿が言ってくれることもあるかもしれないが、塩ラーメンが究極にひどかった。 サッ、、サ、、、、サッポロ一番濃いめしょっぱめ???  なんで、醤油ラーメンが透明なのに、塩が白濁してるんだよ、、、、。
 すぐ近くに無邪気ってラーメン屋があって、まさかとは思ったが、こんな至近に展開してたとは。   中野も少し汚染されていて、サンロードの「艶まる(だっけ?)」、「大門」なんかもムジャキフーズ。
 
by atsushisaito | 2009-07-25 14:28 | 飯@目黒区 | Comments(2)
Commented at 2009-07-26 19:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by atsushisaito at 2009-07-26 21:56
どうもお久しぶりです。
次回は是非、そのお店に行きたいです、、、といってもなかなか
自由が丘に縁がないのですが。 
<< 荒木経惟展「POLART 6000」 北島敬三写真展「ヘンリー・ダー... >>