三龍亭@新井薬師

c0016177_2363715.jpg

 新井薬師前の駅近くの中華屋さん。 道から店が若干奥にひっこんでいるせいで、お店の前を通り過ぎてからその存在に気づくことが多いほど、目立たない。 餃子は何度か買ってお持ち帰りしたことがある。 なかなかおいしい。 いつか店内で、と思いつつも店の前を通りすぎる日々。 積極的に行こう、と行動を起こさなければずるずるこのままの状態が続くなあ、と思い1000円札を握りしめて店へ。
 ビールに餃子、といきたいところだったのだけど、昼間なので天津丼。 ぼんやりと待っていて登場した丼、、、、お粥? かけられた餡が透明だ。味をみてみたが、かなり薄い味わい。ベースのスープに若干の塩コショウ味の素といった程度、そしてそのスープがとてもあっさりなので、全体的にぼんやりとしている。 決して不味くはないのだけど、イメージからは大きくずれてしまったなあ。 あと、ご飯の量がとても多い。頑張って食べてみたものの、最後にご飯一膳分ほど残してしまった。 申し訳ないので、玉子の部分はなんとか食べきったが、、、。あれで大盛りにすると凄い量なんだろうなあ。 
by atsushisaito | 2009-07-16 23:04 | 飯@新井薬師 | Comments(2)
Commented by キーサン at 2009-07-17 13:17 x
うわ~、関西風塩餡の天津丼ですね。
ご飯に直接かかっているあたりが微妙な感じ。
しかし、天津丼は好きなんですが、なかなか旨い店がないです。
このあたりだと、しょんべん横丁の「岐阜屋」ぐらいでしょうか。
Commented by atsushisaito at 2009-07-17 13:48
いやあ、それとはちょっと違うような、、、、(変な味でした)。
東京では基本、天津丼なんですよね。大阪は天津飯なので、
最初のころは戸惑いました。

岐阜屋はまだいったことないなあ。いつも流行ってますね。
<< カレー 三笠食堂@新井薬師 >>