浜貞@神田

c0016177_19484791.jpg

c0016177_19485520.jpg

c0016177_1949353.jpg

 ガラガラと中に入ると、早い時間帯なのにかなりの賑わい。それでも入り口手前カウンター4席ほど空いている。椅子がぎちぎちな間隔に詰め置かれていて、横になって余裕で寝れるくらい。 ちょっとたじろぎ、そして遠慮しながら隣の人と密着しそうなくらいの距離感の席へ。 なぜか店員外国人の女の子が多い。なにを飲むか?と聞かれ、生ビールを注文。 魚のつまみが充実しすぎていて全然選べない。さんざん迷ったあげく無難にマグロ赤身と活ホッキ貝刺しを注文。 カウンターから厨房が丸見えでおっちゃんが休むことなく魚をさばき続けている。 出てきたマグロをみてびっくり。一切れがどかんとでかくて量が多い。そして旨い。しっとりした口当たり。 少しの時間差でホッキ貝。これも豪快な切り方。こんな形でホッキ貝を食べたことがない。 ただ、仕上げが荒いのかそのあたりはわからないが、生臭さを軽く感じた。 素人の僕が勝手に思うのだけど、丁寧に処理すればもっとおいしくなったのではないかと。
 失敗したのは、席の狭さを考慮していなかったこと。まぐろ刺しとホッキ貝刺し、そしてビールにお通し。これでおひとり様のスペースとしては一杯一杯。 そこから周囲に気を使って食器を自分の領地に密集させると、本当に窮屈。 一品注文、そこそこ食べて無くなりそうなタイミングで追加、くらいの方が楽しめる。 おやじが機敏に動くので回転は問題ない。 
 いやあ、もっといろいろ注文して堪能したかったなあ。4人でテーブル占拠がベストか。
by atsushisaito | 2009-06-10 20:11 | 飯@千代田区 | Comments(0)
<< 犬 カレー >>