牛の四文屋@中野

c0016177_11314452.jpg

うまく補正できない、、、、、独学じゃなくてちゃんと画像処理勉強したいなあ。
c0016177_11194379.jpg

c0016177_111950100.jpg

c0016177_11195866.jpg

 初牛の四文屋。 やっぱり四文屋と比べると高いなあ。僕と入れ替わりで勘定した若い兄ちゃんは6000円くらい払っていた。 思わず財布の中身を調べるくらいにギョッとした。調子にのれない額しか財布には入っていなかったので、きっちり頭のそろばんで計算しながら食べ進めることにした。 まずは生ビール。お通しなはい。 ミノ刺し、そして串2本そして生つくねを注文。 ミノの刺しって食べるの初めてか、、、、いや、やっちゃんで食べたな。でも刺しは珍しい。ミノの臭みというより香りがしっかりと感じられてうまい。 串はシビレとなんだっけ??? シビレは石松で食べるのとはちがった食感。ふわふわ感が強い。もう一本は肉っぽいのは、まさしく牛肉といったわかりやすい旨みが口に広がってうまい。 最後に生つくね。 なんかよくわからないが、旨い! 例えるとユッケなんだけど、それとも違う食感と旨み。ぎゅっと濃縮された味わいで、これは白眉な一品。
 値段を考えるとばくばくいけないところが残念なのだが、かなりいい。 だけど、呼び込みの声がちょっとうるさいかな。
by atsushisaito | 2009-05-29 11:44 | 飯@中野 | Comments(2)
Commented by キーサン at 2009-05-29 12:25 x
牛串は「カブリ」か「ランプ」では?
「ギアラ」もよかったですよ。
Commented by atsushisaito at 2009-05-29 16:46
ランプかなあ、、、、、。
ギアラ今度食べてみます。
<< 森山大道「記録」on the ... 政吉そば@四谷 >>