かさい@中野

c0016177_0311582.jpg

 中野北口で立ち食い蕎麦。初めての訪問じゃないのに、店内にトッピングのメニューだけ発見できて通常のメニューを見つけることができない。すぐ目の前でお店の人と対峙するようなせまい店なので、早くメニューを決めないといけない、と焦った。 結局見当たらなくて、玉子のトッピングに蕎麦ください、という間抜けな注文になった。焦りからか、お店の人が300円と言ったと思いこみ300円を渡すと、340円です、と言われる。野武士としては切腹ものの醜態。 さらに焦りつつわたわたした手つきで40円を手渡してほっと一息。 そして出てきた麺を食らう。 幅広で蕎麦というよりはきしめんに近い形、そして色こそ蕎麦な感じだが、小麦粉な香りが全面に出ている。 ちなみに今月25日発売のビッグコミックに連載されている「そばもん」という蕎麦を題材とした漫画で、この蕎麦の色に関しての詳細がわかりやすく描かれていて、かなり勉強になる。   それはともかくこのかさい、汁より蕎麦が多い感じでボリュームたっぷり。食としてではなく「おやつ」替わりの蕎麦なら少なめを注文した方がよさそうだ。-80円引きくらいになるのでお得。

 人より食い意地が張ってるつもりなんだけど、去年より5Kgちかく体重が減っていた。これ、思いっきり筋肉が減ってるんだよなあ。過剰なくらい運動しないと。あとは酒か。
by atsushisaito | 2009-05-27 00:24 | 飯@中野 | Comments(0)
<< Oコレクションによる空想美術館... イカ大根 >>