金沢での飯

c0016177_20312586.jpg

 金沢について一食目。ちょっと小腹が空いていたので駅ビルのお店「すし玉」という回転寿司屋に。 見慣れない魚や海老で楽しいが、回転寿司って一枚の値段が明確にわかることによってのダメージも場合によってはあるんじゃないかと。 鮨屋でお決まりで注文して、あらかじめ上限を自分で決定する場合より、ちょっといい回転寿司屋で、この皿はいくらだ、これはいくらだと逐一に認識してしまうと、なんだかつまらない。 まあ、旅先でそんなこと考えてもしょうがないので、適当に5皿食べた。 やはり食べたことないネタを選ぶので2500円近くにもなってしまった。 美味かったけど。

c0016177_20345273.jpg

c0016177_2035028.jpg

 晩飯、お勧めしてもらった「くろ屋」に行くと日曜定休。 なので、また駅ビル。その中の魚菜屋という居酒屋。居酒屋というよりは定食の方が強いのかなあ。 刺身とレンコン揚げ。 刺身は普通だったけど、レンコンは美味かった。追加を頼もうかと、思ったけど店員が引っ込んでいてつかまらず。 まあいいか、とお会計。 あ、刺身醤油が甘いんだな、金沢って。 
 
c0016177_20362123.jpg

 ホテルに帰ってからの晩酌用にスーパーで加賀鳶 山廃純米の四合瓶を購入。あとさわら刺し、かれい刺し、そして、わかめを地元の醤油とともに購入。あと甘エビも。 嫌がらせかなにかよくわからないけど、刺身のパックを平置きでなくて、縦に入れられた。まあ腹に入れば一緒なんだけど、せっかくきれいに並べているのを縦に入れることはないんじゃないかと思った。

 
c0016177_2217814.jpg

 朝ごはん替りというか昼ごはんに近江町の市場。 昨日、美術館に行く際にちろっと見ると並んでいたお店へ。「こてつ」。 まったくなんらの情報も持っていなかった。 とりあえず一番高いものを頼むと間違いがないだろう、と3000円の丼。 出てきて驚いた。 金粉いらない!!! 1900円のいろいろ入っている方が旨そう。豪華4点盛りといった感じだけど、そのうち3点のウニ、イクラ、マグロって金沢関係ないだろう、、、、、。あー、一食損した。 いや、不味くはないんだけど。 それにしても市場は魅惑の魚で一杯。  魚屋の店頭で鬼海老(たしかそんな名前)と、あとなにか刺しで食べさせてもらった。 頭は焼いてもらった。 美味かった。

 
c0016177_2112398.jpg

 ズワイカニが食べたくてしょうがなくて、馬鹿みたいだけど茹でてあるカニを購入してホテルでむしゃぶった。でかい。値段もけっこうした。うん、美味い。 美味いがやはり一人で食べる量ではないし、蟹ってそんなに好きな食べ物ではないんじゃないかなあ、なんて自問自答しながら黙々と解体、食した。

c0016177_2153770.jpg

c0016177_2155031.jpg

c0016177_216253.jpg

 最後の晩餐は、お薦めしてもらった金沢駅近くの「くろ屋」。 金沢で人気の「いたる」というお店出身の人が開いたお店だそう。金沢の繁華街って金沢駅周辺ではないのだけど、そんななかひっそりとやっている。 それでもひっきりなしにお客が来ていて繁盛していた。 観光客より地元の人が多そう。 そこで僕は失敗してしまった。 財布の中を確認してこなかったのだ。 数えるとわずか6000円。 いやけっして6000円って安い金額だと思わない。むしろ高額だ。 だけど、財布に3万円あった上で、会計6000円くらいなら、なんら気にしない。しかし財布の中は6000円。そして目の前には魅惑のメニューが。 僕はお会計6000円きっちりに抑えなければいけない、そういうプレッシャーで幕は上がった。 
 まずは生ビール。お通しを含めて1000円くらいか。 メニューにはなかったが刺身盛り合わせ1人前と五郎島金時っていう芋の揚げもの。 どちらも旨い。ブリの脂も凄いし、芋の甘みも半端ない。これで予想3000円。 まだいける!と思いお店オリジナルの日本酒800円。これで3800円くらいか。 ここで隣で一人飲みのおっちゃんに声をかけられる。「旅の人ですか?」と。 旅っていうわけじゃないんだけど、とりあえず、はい、って答えた。 これどうぞ、とへしこという鯖を糠で漬けたものを炙ったやつをいただいた。 美味い! この人は声をかけてくれたけど、必要以上な厚かましさみたいなのは微塵もなくて素晴らしい。 この後、タラの白子昆布焼きもいただいた。 すいませんありがとうございます、と言うと、半分くらいとってと言われる。大変恐縮。 その人と店主がタラの白子の話をしていて、最近の白子は色が白くなった、という内容で、ちょうど僕のデジカメに先日平井で食べた白子鍋の写真があったので、そういえば東京で白子食べました、という会話になり、画像も偶然残っていた(僕はすぐ消す)ので見せると、これは北海道ですねえ、と店の店主。 パックのやつですよ、ここのは能登で取り出したままのやつですけど、北海道のはパックで薬品につけているとか。 その真偽はわからないけど、血管が張り巡らされた(それでも少なくなったそうだが)白子に比べると、確かに平井の白子は白すぎるかなあ、とはちょっと思った。 最後に同じ日本酒を注文。だけどもせっかくだから他のはどうですか?という返事に、すいません、金がなくてというと、安いやつでいいのありますから、と他の日本酒をいただく(メニューを見る限り日本酒は一合1000円くらい)。一緒に刺身で何か一品と聞くとかわはぎの肝和え。 これがこってり美味い。そしてたっぷり。  
 現金がもっとあれば。。。。。 怖かったのでこれで打ち止め。計5600円。 危なかった。 残りの金でコンビニで焼酎を買いホテルで飲んだ。 ぜひぜひ今度、金のことは考えないで飲んでみたい。

 あとはホテルでのモーニングと越後湯沢で買った駅弁くらいかなあ。 駅弁は不味かった。旨い駅弁ってあるのだろうか。

 それにしても勉強不足。 金不足。
by atsushisaito | 2009-03-03 20:41 | 飯@23区外 | Comments(6)
Commented by EASY at 2009-03-03 22:22 x
なんとまぁ、ゴージャスな旅ですこと(笑)。
実は金箔も金沢の名産なのね(国内98%のシェア…)。
「へしこ」は日本海側に多いよね。去年、京都の錦で買ってMでツマミにしたよ。
駅弁、ます寿しとかならハズレがなさそうですが…
どうだろ?
Commented by キーサン at 2009-03-03 23:40 x
「くろ屋」の店主は気さくな人らしいですね。
わたしなら「お金足らなかったら明日持ってきます!」とずーずーしく言いますよ。
それと、ひとこと言い忘れて自己嫌悪なんですが、金沢でしか食べられない「がす海老」という、甘エビとボタン海老と車エビを足して3で割ったような海老があります。
この時期しか食べられないし、すぐに慣れてしまうので東京の市場や店では見かけない。
独特の甘味と食感があるんです。
近江町市場で見ませんでしたか?

それと、駅弁。
ますの寿しの駅弁は大ハズレかと・・・
ますの寿しは富山の市内で美味しいのを買わないと。
Commented by atsushisaito at 2009-03-03 23:48
EASY

金の使い方が下手な旅行でした。
Commented by atsushisaito at 2009-03-03 23:52
キーサン

くろ屋、教えていただいてありがとうございました。大変満足でした。
確かに、隣の人にも明日もっていけば、とアドバイスいただいたのですが
それほどの度胸もなくて。
あと、ガス海老は最初の回転寿司で食べられました。美味かったです。

駅弁はなんかもっと選球眼が必要かなあ、と思いました。
Commented by 近所のおっさん at 2009-03-05 18:37 x
下魚だといわれるカワハギの刺身は肝と和えると絶品ですね。
北陸のものはどんな風味だったのだろうか。
いい旅でしたね。
Commented by atsushisaito at 2009-03-07 13:46
カワハギ旨かったです。
食べ慣れていないので、風味の違いとかはわからなかったです。
肝でねっとり濃厚でした。
<< 天ぷら 住友@中野ブロードウェイ 金沢に行ってきた >>