まずい魚 青柳@高田馬場

c0016177_20554955.jpg

c0016177_20555968.jpg

c0016177_2056895.jpg

c0016177_20562557.jpg

 宮内庁御用なしのまずい魚へ。 おつかれさまー、という言葉で迎えてくれる。 年配の男性と若い女性の一組しかいなかったのだけど、その女性の横に座らせられた。これからの混みを考えてのことだろうけど、なんだか変な感じ。男性がトイレに行くと、なんだか余計に意識してしまう。 その後、店は入れなくなる人がでるほどの盛況ぶり。店主の判断は正しかった。
 刺身の盛り合わせを頼む。大サービスだよ!とでてきた。2000円くらい。刺身に関してはメニューに値段が書かれていないので、事前に確認したほうがいい。 美味かった。でも煮アワビが単価上げてるんじゃないのかなあ。アワビなしで、全体的にもう少しボリュームがあれば、もっと満足かも。 前回、牡蠣が旨かったので、また注文。旨い。牡蠣、好きだ。 最後は鱈の白子。もしかしたら食べるの初めてかも(たぶん忘れてるのだろうけど)。 これも旨かったー。
 最後の方で、カウンターで隣になった女性の連れの年配の男性にいじられる。 言われるまで気がつかなかったのだが、この日、寝ぐせかなんかで髪の毛が鬼太郎みたいに立っていた。 それ、わざとやってるの? いや髪の毛、立ってるのファッション?みたいな感じで。 それはそこで終るのだが、その後、アヒルの孵化しかけの卵、ホビロンについてお隣の女性が、それは食べらないですー的な会話中、なぜか俺にも「食べたことあります?」と聞かれる。 え~と、ベトナムのやつですよね、、、ないです、と返事するもそれ以上はからんでこない。 あ~、なんだかなあ、絡むならもっとちゃんと絡んでください、と悶々とする。 最後に恥ずかしかったのは、その女性が絵をやってるらしく、個展のDMを取りだし、そのことについて話しているところ、男性が「あの人にも渡しておきなよ」と僕の前にDMを差し出した。 当然、あ、どうも、みたいな感じで受け取ろうとすると、「前ごめんなさいね」と俺の横の人へと渡した。 う、、、、、なんだかなあ。 
by atsushisaito | 2009-02-02 21:26 | 飯@高田馬場 | Comments(0)
<< アンチョビとキャベツのスパゲティ 猫 >>