金龍門@中野

c0016177_16434451.jpg

 台湾料理の店だとか。ランチを求めてふらふらするとき必ず目にするのだけど、店頭に置かれたやる気のないランチの見本に萎えてしまって、入ったことがなかった。 中の様子が外から窺えなかったので、恐る恐るドアを開けて中に入ると店主がテレビを見ていた。 排骨セットを注文。豚肉を揚げたものだそう。 店内に貼られたメニューをぼけっと眺めていると、スポーツ新聞を出してくれた。いやあ、あんまり興味ないんだけど、と風俗のページをぼんやり見てると排骨セット登場。 どれどれとかぶりつく。揚げ物のくせになぜか熱くない、、、。冷たくもないんだけど。薄味というかなんというか、あまりパンチは効いていないが、ご飯を食べ進めるにはなんとかこと足りる味付け。 ご飯の器が小さかったのだが、これはお替り自由なのかなあ。 
 ま、なんというかこれで900円近い値段は、ちょっと高いかなあと思いながら食べ終えた。だけど、そのほかのメニューを見る限り本格的な料理が安い値段で食べられる感じなので、夜に行くのにはいいのかもしれない。

 久しぶりにF30を使った。2006年のコンパクトデジカメでやはり抜きでている高感度での画質。現行の他社のカメラでも、ISO1600時にここまでノイズが少ないカメラはないんじゃないかと思う。 まあ、今となってはそこでしか勝負できないカメラ。だけど、勝負できるだけ凄いか。名器。
by atsushisaito | 2008-11-07 16:41 | 飯@中野 | Comments(0)
<< あたりや@新井薬師 伊奈英次作品展 「EMPERORS」 >>