柳沢信 / Untitled プレオーダー受付中!

c0016177_23063343.png
roshin books 7冊目となる写真集、柳沢信 / Untitledのプレオーダーを開始しています。1990年に書籍山田から出版された柳沢信 / 写真から17年の時間を経て出版される写真集。新しい印刷と装丁で柳沢信の世界が再び。お得なプレオーダー期間中に是非!
# by atsushisaito | 2018-12-21 23:06 | 写真集 | Comments(0)

蔵書セール

c0016177_22591337.jpg
 roshin books製作加速のために個人的に持ってる本を販売いたします。どんどん追加していきますので、継続して見ていただけると嬉しいです。




# by atsushisaito | 2018-12-20 22:58 | 写真集 | Comments(0)

roshin books

c0016177_11544730.jpg

Afterword by Masahisa Fukase
http://roshinbooks.com/afterword.html

c0016177_2155026.jpg

North Point by Hiroyasu Nakai
c0016177_12444867.jpg

Wonderful Days by Masahisa Fukase
c0016177_11125176.jpg

KUMOGAKURE ONSEN : Reclusive Travels by Masakazu Murakami
c0016177_2314052.jpg

Stakeout Diary by Yukichi Watabe
c0016177_15154227.jpg

Go there by Gen Sakuma
c0016177_18523820.png


roshin booksやってます。
roshin books
# by atsushisaito | 2017-08-30 20:49 | 写真集 | Comments(2)

吉野家

c0016177_23025024.jpg
 吉野家で牛ねぎ玉丼。


# by atsushisaito | 2017-02-21 23:04 | Comments(0)

海神@中野

c0016177_12170220.jpg
 新宿の海神が中野に支店を。開店したと思った矢先になにか不具合があったそうで、一時期お店を工事で閉めていたけど、もうやってた。中野はランチは賑わうし夜は酔っ払いがいるから、なかなか需要があると踏んだのかな。
 注文は普通の塩ラーメン。魚のアラを使っているというのがウリのお店。魚の香りが突出したものがでてくるのかと思ったら、意外にも上品な味わいのラーメン。大盛り無料だったのだが、ノーマルのものを食べた。が、けっこう麺の量が多かった。飲んだあと需要なら、麺少なめで500円くらいで食べられたらいい感じなんだけどなあ。
 薬味の大葉のアクセントがなかなかよかった。ただ千円以下のラーメンに高いも安いもないかなと思ってるけど、中野で食べるラーメンとしてはちょっとお高いかな、と思ってしまった。
c0016177_12171699.jpg
 ラーメンを食べた後、すこし時間が空いたのでマッサージに行きたいと思ったのだけど、20分程度ですっとおさまるお店がなかったのでミヤマでコーヒーを。ブロードウエイ内の通りともなっているいい場所。ただ店に入った瞬間にタバコの臭いが。禁煙席に座ったが、空間が同じなので意味ないなあ。系列のルノアールはきっちり仕切ってるのに。
 しかしwi-fiが使えるのでありがたい。ちょこっと調べ物をしつつブレンドコーヒー。まあ喫茶店のコーヒーなんだけど、地味に美味しかった。500円と少し高いけれど。これで完全に禁煙だったら文句ないけれどなあ、と。そんな感じ。



# by atsushisaito | 2017-02-20 12:37 | 飯@中野 | Comments(0)

花村@東陽町

c0016177_12164948.jpg
 タンメンっていう気分じゃないなあ、とタンメンデルタ地帯を通り抜けた先の交差点にあるお店。志の田そばの看板が大きく目立つのでそれが屋号だと思っていたんだけど、暖簾をよく見ると『花村』と書かれていてそっちが屋号だった。
 お昼時を少し過ぎていたので、空いていた。テーブル席のみで昼は相席必至なのだろうけど、テーブルの大きさがゆったりと広いのでそれほど気にならないか。
 メニューを見るとわりと安め。注文は看板の志の田そばを。冷たい麺に冷たい汁だけどよいか、と確認された。志の田そばというのは、そういうものなのかあと大人しく待ってると蕎麦が登場。
 汁の中に天かすと油揚げが投入されている。たぬきときつねのいいとこ取りが志の田そばってことみたい。少し甘めの濃い汁で蕎麦をすする。間違いのない組み合わせなので、驚きなどはないけれど普通に美味しい。食べ終わりを見計らって蕎麦湯も出してくれた。
 なんか麺の盛り具合に独特の符丁があるみたいで、がっつり食べることもできるみたい。優秀な町の蕎麦屋さんって感じ。

# by atsushisaito | 2017-02-19 12:24 | 飯@江東区 | Comments(0)

リトル小岩井@大手町

c0016177_12163896.jpg
 東西線から丸ノ内線、丸ノ内線から東西線に乗り換える時に、かなりの確率で立ち寄ってしまうお店。狭い店内の狭いテーブルにリーマンのおじさんたちが縮こまってスパゲティを啜っている。定番メニューもいいのだけど、週替わり(多分)で変化するおすすめメニューを。
 この日は鴨ローストの和風スパゲティ。なんだろうなあ、この味。和風の出汁と油の乳化、具になにが入っていようとまとめてしまう強引さがある。もはやスパゲティじゃなくて、米でもいいんじゃないかなあと思いつつ、最後に粉チーズとタバスコで盛大に味を壊しつつご馳走さま。


# by atsushisaito | 2017-02-18 12:16 | 飯@千代田区 | Comments(0)

上海小吃@歌舞伎町

c0016177_11485992.jpg
c0016177_11490074.jpg
c0016177_11490057.jpg
c0016177_11490185.jpg
c0016177_11490139.jpg
 歌舞伎町では有名な中華の上海小吃。店のチャイナテイストも凄いのだが、店がある路地がこれまたなんとも香ばしくて、東京にいたら一度は行きたいお店の一つであることに間違いはない。
 写真集飲み会がまだ『美味しいものを食べる会』であったころの年末に忘年会みたいな感じで上の階のフロアを貸切にしてもらったことがある。懐かしい。味の素が強すぎるのがちょっとあれだが、まあ雰囲気込みで面白いお店。


# by atsushisaito | 2017-02-17 12:46 | 飯@新宿区 | Comments(0)

RYOMA本店@新井薬師

c0016177_23074847.jpg
 随分とご無沙汰というか10年くらい前なのかな、前回行ったのは。その間、このあたりのラーメン屋さんは変化が少なくていいのやら悪いのやらよくわかんない。大きな変化というと駅前食堂が移転してしまったことくらいかなあ。あとは福しんの進出。その中でRYOMAだけは高田馬場に支店をだしたり(もう閉めてる)、栄楽の跡に新店舗をだしたりと活発な活動を継続している。
 肩書きは立派だけど実際にはあまりぱっとしない塩らーめんが売りだったような記憶があるけど、僕はあまり好きではなくて周辺の他の店に行ってるのだけど、郵便局に行った帰りにふとたまには行ってみようかと、中へ。高田馬場で出していたトマトラーメン、それに煮干し系のラーメンなどラインナップが増えていた。
 そんなにお腹が減っていなかったので、ラーメンを注文せずに油そばを頼んでみた。お腹が減っていなくても麺の増量無料なので中盛りを注文してしまうところが悲しい性というか、、。出てきた油そば。ぐるっと混ぜて食べ始めるとまずまず旨い。まあ油そばという食べ物、大阪王将の社長が『まずい油そばなんてないねん(マネーの虎)』っていいそうなくらいに不味く作るのは難しいのだろうけど、変な小手先がついてなくてなかなか。
 そしてラー油と酢を投入するとこれがびっくりするくらいに味がまとまって美味しかった。これは今後も食べてしまうかも。


# by atsushisaito | 2017-02-16 12:33 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_21560002.jpg
c0016177_21561505.jpg
 まだ海賊船が開いてなかったので、久しぶりにカッパへ。なんだか店主と楽しい中国女(これはこれで楽しい)という感じの構成から日本人よりに。メニュー構成もなんだか一般的に。
 生の甲類焼酎をくっといきたかったので、焼酎をお願いするとなぜか、焼酎の炭酸割ね?と言われてしまったので再度焼酎をください、と。このあたりがすっと通らないあたりなんだかカッパじゃないなあ、と。
 知らない人のために補足だけど、中央線のカッパというモツ焼きや、例えば荻窪のカッパだとレバ刺しを注文すると、すっと塩だけふられたレバ刺しが刺さった串がでてくる、そんなハードコアなモツ焼きであった。中野店は開業が近年でどうもそのコアなところが受け入れられなく、今現在の迎合したスタイルの平凡なモツ焼きになってしまったのかなあ、と。
 基本、串は安いのだけれど、でもなんだかえ?と思うくらいの貧相な刺しになっていた。しいたけの石づき一つ一つを半分に切り落として刺してるし。タレは美味しかったけど。う〜ん、といった感じ。

c0016177_21563673.jpg
c0016177_21565693.jpg
c0016177_21571248.jpg
c0016177_21573686.jpg
 海賊船で黒糖焼酎。もうおまかせ。プロにおまかせするのが一番。だいたいの希望を伝えて選んでもらう。一杯500円でもそれが2000円のバーでも同じ。カウンターの向こう側にいるプロに聞くのが一番。


# by atsushisaito | 2017-02-15 12:54 | 飯@中野 | Comments(0)