roshin books 



roshin books やってます。
roshin books
IMA online
写真の鉛筆
microcord
Tags:# 
# by atsushisaito | 2015-07-14 18:49 | 写真集 | Trackback | Comments(2)

OU-en The So Books




 テレビをつけるのは地震直後(あの地震以来、頻繁にではなくなりましたが)の瞬間くらいで、ほとんど見ることはなくて、原宿や代々木あたりに集中豪雨があったとは辛うじて耳にしてはいましたが、まさか店舗等に被害が発生するほどだとは思っていませんでした。 今回のことでいろいろとその時の画像を見てみると、地下の店が水没するような状況になっていたりなど甚大な被害があった店舗が多かったことを初めて知りました。
 たまたま僕がよく連絡を取り合っているフランスの方が、so booksの水害後に注文をしたところ、こういう理由ですぐに対応できないというメールを受けたそうです。 その彼が僕に送ってくれたメールが7月16日。 発生から実に2週間以上経った後のことでした。  had an important flood in his bookstore end of June. It seems some of his stock damaged. この文章で、大変なことが起きているらしい。でも代々木公園の町中での水害って、全く想像できなかったのでflotsamの小林と二人で相談し、でもこれはなにか自分達にできることがあるんじゃないかと話し、だけど二人では力不足過ぎるので、野村の兄貴に頼ろうと連絡したことが、今回のことの始まりです。
 実際に代々木公園に行くと、so books周辺のお店はどこも白い土嚢を店の脇に置いていました。同じことが起きればすぐに対応できるように、と。太陽が照り付ける日差しの下で、被害状況を知らない僕にはとても不思議なもののように見えました。 そしてso booksの店内に入ると、本棚の一番下の段、全てが空洞になっていました。 正直なところ、最初はそれに気付くことはなく意外と普通だなあ、という気持ちで中に入って、その異様さに気づくのは店主の小笠原さんに言われてからでした。 そして被害のことを聞き、軽トラックの荷台に本が山積みにされた写真を見せられて唖然としました。 この時点では小笠原さんにこのチャリティーイベントの企画を企んでいることを事前に知らせるかどうかを決めかねていたので、その衝撃の写真の後にはお茶を濁すようなお話しかできず、普通の日常の会話でお店を後にしました。
 帰りの電車で、もし自分の家が同じような状況になったらどうしよう、という思いがくるくると巡り、それは失った本の価値や値段ではなくて、単純に存在の喪失だなと思いました。自分の本棚にある本、どこか少し傷み、自分で触ったからこそ、どこか少し捲り後がついたり。個人のコレクションとの比較はできないけれど、それをトラックの荷台にのせることのくやしい思いを考えると、気持ちがいっぱいになってしまいました。 またその被害の情報を外部に発信せずに、片付けを黙々とやっておられた小笠原さんの気持ちを考えると、同じ本を愛する人間として動かずにはいられませんでした。

 9月13日、14日に中目黒のPOETIC SCAPEの柿島さんのご協力により、上記のイベントを行わさせていただけることになりました。 どうか皆様、それぞれの形でご協力いただけないでしょうか。

 作家の皆様(これから作家になるぞ!っていう人も是非)、プリントをどしどしお願いします。

 写真集またはアートブックラバーの皆様、もしよろしければ今回の企画にご賛同いただけて、大切の書棚からの一冊、お願いできないでしょうか。もちろん高価なものでなくて大丈夫です。
 
 出版社の皆様、返本などで、新品として販売できない本をご提供していただけないでしょうか。 

何卒よろしくお願いいたします。 

斉藤

 ご寄贈いただいたものはタンブラーで紹介させていただいています。
 OU-en THE SO BOOKS
 IMAにも掲載してもらいました。
OU-en THE SO BOOKS

 ご寄贈いただいた書籍やプリントなどは、9月13日、14日に中目黒のPoetic Scapeで販売させていただきます。お安くお手にできる機会ですので、普段、写真そのものや写真集などを購入されたことがない方にも、是非お気軽に足を運んでいただけると嬉しいです。
 なお、公平を期するために、予約等は一切受けることはできませんので、予めご了承ください。本音をいえば、私も買う側にいてお金を握りしめて開店前に並びたいところなのですが、発起人という立場ゆえ、ぐっとその気持ちを堪えています(堪えすぎて、最近歯にひびが入りました)。 
 
OU-en THE SO BOOKS
("OU-en" is meaning "help" in Japanese.)

If you're a photobook lover you might be concerned to know that the great Tokyo bookstore So Books, on June 29th, the great Tokyo bookstore So Books suffered from a flood and many photobooks were damaged.
We planned a charity event at Poetic Scape on this September 13th and 14th in Tokyo to raise funds for So Books. Photobook collectors and publishers, galleries are welcome to give away books or prints to collect some money. 100% of sales will be donated to So Books.
http://ouenthesobooks.tumblr.com/

please send book or print to this address:
Poetic Scape
4-4-10 1F
Nakameguro Meguroku
Tokyo Japan
Postal code: 153-0061
http://www.poetic-scape.com/

Please support us and do not hesitate to contact us if you require more information.
 
 
# by atsushisaito | 2014-09-04 20:14 | Trackback | Comments(0)

福しん@新井薬師


 福しんでラーメン。 昼を過ぎた中途半端な時間だったので、夕飯のために少し残すくらいに食べようと思っていたけど、いざ食べ始めると全部食べてしまって、そしてこのシンプルなスープが意外とレンゲを止めさせてくれなくて、完食してしまった。 
# by atsushisaito | 2014-09-03 12:53 | 飯@新井薬師 | Trackback | Comments(0)

満州@中野



 中野近辺でB級中華チェーンというと王将、福しん、そして中でも割と最近に中野にできた満州なんだけど、僕の中では満州が一歩リード。いやもう二、三歩リードと言ってもいいだろうか。 麺類ではあまり他との差は感じられないけれど、炒め物系は秀でている。 
Tags:# 
# by atsushisaito | 2014-09-02 12:29 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

まちのパーラー@小竹向原


 パンが選べるので、雑穀パンでトマトのサンドウィッチ。 10時以降は他のサンドウィッチも食べられるのだが、開店直後はこれだけ。 それでもそれは割と最近のことで、それまで早朝はパンの盛り合わせとキッシュしか食事メニューはなかった。 そのうち10時以降の肉系のサンドウィッチも食べたいなあと思うこの頃。
# by atsushisaito | 2014-09-01 12:23 | 飯@江古田 | Trackback | Comments(0)

中野ビール工房@中野


 立ち飲みでさくっと自家製のビールが飲めるお店。 IPAを一杯(500円)。美味い。 
# by atsushisaito | 2014-08-31 12:06 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

海賊船@中野






 お盆の時に連日。さすがにお通しが同じのだった。 豆腐に辛いのをのせたのは、海苔の風味が効いた辛みで不思議な感じで美味しかった。辛味は調節できるそう。 
# by atsushisaito | 2014-08-30 12:58 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

三笠食堂@新井薬師



 マカロニサラダと鮭。そしてビール。
# by atsushisaito | 2014-08-29 22:46 | 飯@新井薬師 | Trackback | Comments(0)

ひろし@中野



 いい店をみつけたなあ、という瞬間ほど飲兵衛として嬉しいこと、この上なし。 中野駅から、中野の居酒屋の象徴的でもある第二力酒蔵を住宅街の方に少し進んださきの右手。 実は開店してすぐくらいの数年前に行ったことがあるのを思い出したら、確かにブログに書いていた。
 お酒は秋田の山本合名会社の山本というお酒。白瀑の酒蔵といった方が早いか。2合近いお酒が1300円だから十分にお安い。濃厚な味わいながらも香りもしっかり。 お刺身は盛り合わせで。その時の腹具合によって、量を調節してくれる。 次にトマトのお浸し。 トマトのお浸しってなに?と思ったら、湯剥きしたトマトを出汁につけるのだそう。美味しい。
 この日は次の用があったので、さくっと一杯だったけれど次は絶対に一軒目からだなあ、と思わせてくれるお店だった。 
# by atsushisaito | 2014-08-28 12:24 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

十番@東中野



 タンメンで有名な東中野の十番でビールに餃子。 水餃子はラーメンスープに入れられて登場するのが面白い。 まあ、水餃子も焼きも普通以上のものじゃないのだけど、普通の餃子で十分美味しいのだから、それでいい。
Tags:# 
# by atsushisaito | 2014-08-27 12:45 | 飯@東中野 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >