roshin books 



roshin books やってます。
roshin books
IMA online
写真の鉛筆
microcord
Tags:# 
# by atsushisaito | 2015-07-14 18:49 | 写真集 | Trackback | Comments(2)

OU-en The So Books



 テレビをつけるのは地震直後(あの地震以来、頻繁にではなくなりましたが)の瞬間くらいで、ほとんど見ることはなくて、原宿や代々木あたりに集中豪雨があったとは辛うじて耳にしてはいましたが、まさか店舗等に被害が発生するほどだとは思っていませんでした。 今回のことでいろいろとその時の画像を見てみると、地下の店が水没するような状況になっていたりなど甚大な被害があった店舗が多かったことを初めて知りました。
 たまたま僕がよく連絡を取り合っているフランスの方が、so booksの水害後に注文をしたところ、こういう理由ですぐに対応できないというメールを受けたそうです。 その彼が僕に送ってくれたメールが7月16日。 発生から実に2週間以上経った後のことでした。  had an important flood in his bookstore end of June. It seems some of his stock damaged. この文章で、大変なことが起きているらしい。でも代々木公園の町中での水害って、全く想像できなかったのでflotsamの小林と二人で相談し、でもこれはなにか自分達にできることがあるんじゃないかと話し、だけど二人では力不足過ぎるので、野村の兄貴に頼ろうと連絡したことが、今回のことの始まりです。
 実際に代々木公園に行くと、so books周辺のお店はどこも白い土嚢を店の脇に置いていました。同じことが起きればすぐに対応できるように、と。太陽が照り付ける日差しの下で、被害状況を知らない僕にはとても不思議なもののように見えました。 そしてso booksの店内に入ると、本棚の一番下の段、全てが空洞になっていました。 正直なところ、最初はそれに気付くことはなく意外と普通だなあ、という気持ちで中に入って、その異様さに気づくのは店主の小笠原さんに言われてからでした。 そして被害のことを聞き、軽トラックの荷台に本が山積みにされた写真を見せられて唖然としました。 この時点では小笠原さんにこのチャリティーイベントの企画を企んでいることを事前に知らせるかどうかを決めかねていたので、その衝撃の写真の後にはお茶を濁すようなお話しかできず、普通の日常の会話でお店を後にしました。
 帰りの電車で、もし自分の家が同じような状況になったらどうしよう、という思いがくるくると巡り、それは失った本の価値や値段ではなくて、単純に存在の喪失だなと思いました。自分の本棚にある本、どこか少し傷み、自分で触ったからこそ、どこか少し捲り後がついたり。個人のコレクションとの比較はできないけれど、それをトラックの荷台にのせることのくやしい思いを考えると、気持ちがいっぱいになってしまいました。 またその被害の情報を外部に発信せずに、片付けを黙々とやっておられた小笠原さんの気持ちを考えると、同じ本を愛する人間として動かずにはいられませんでした。

 9月13日、14日に中目黒のPOETIC SCAPEの柿島さんのご協力により、上記のイベントを行わさせていただけることになりました。 どうか皆様、それぞれの形でご協力いただけないでしょうか。

 作家の皆様(これから作家になるぞ!っていう人も是非)、プリントをどしどしお願いします。

 写真集またはアートブックラバーの皆様、もしよろしければ今回の企画にご賛同いただけて、大切の書棚からの一冊、お願いできないでしょうか。もちろん高価なものでなくて大丈夫です。
 
 出版社の皆様、返本などで、新品として販売できない本をご提供していただけないでしょうか。 

 何卒よろしくお願いいたします。 

 斉藤
 
 
# by atsushisaito | 2014-09-04 20:14 | Trackback | Comments(0)

昌平ラーメン@新宿西口


 新宿西口に4店舗もあるお店で、でもそのチェーンぷりがいまいちそそられないけれど、しかしここ新宿の西口に4店舗も密集して繁栄する理由はなにかあるのではないかと、ずっと思っていたお店。今回、たまたま近所に用があったので行ってみた。
 ランチの時間に行ってみたのだが、さすが新宿、昼の食を求めてサラリーマンがうようよとうろついている中、昌平ラーメンも繁盛していた。つけめんの食券を購入して中へ。カウンターへ座る。 ちゃんと注文から茹でているよで、普通に待った。てっきり茹で置きで回しているのかと思ったけれど。つけ麺ってさほど茹でおきは気にならないので。繁盛している店だと。
 ピロピロの平打ち麺。なんだか珍しく、芯が残る食感。これはあまり嬉しくないというか美味しくない。もう一段階茹でて欲しいなあという印象。つけ汁は軽い魚介風味に砂糖と酢な感じ。 食後にわざわざ割って飲むほどでもないかなあ。 近所の人のお昼の胃袋を即座に満たすのには十分なのかもだけど。
# by atsushisaito | 2014-08-02 12:43 | 飯@新宿区 | Trackback | Comments(0)

豚野郎@中野


 久しぶりに豚野郎。普通のラーメン。前回食べた時は、沼袋の無鉄砲や中野の武道家のような超極濃厚なお店ができてた頃合いなので、当時はいまいちそのインパクトはなかったのだけど、今更ながらだがこのラーメンを食べて、その濃厚さに驚いた。
 臭みのない豚骨では、その濃度は地元で食べた最高レベルではないかと思う。とにかく濃い。ただ、九州の魁龍のような極悪な雰囲気ではない。見た目は濃いが臭いは皆無。でも粘度の高いスープがあとを惹く。
 
 
# by atsushisaito | 2014-08-01 12:47 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

海賊船@中野






 いつも通り、美味しくいただきました。
# by atsushisaito | 2014-07-31 12:59 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

第二力酒蔵@中野






 中野で魚介系というと、外せないお店。昼からもやってる老舗。 最初の注文のじゅんさい。正直、これはいまいち。最近、いいところのじゅんさいを食べてきたので、だめだめ感が伝わる。 そして岩牡蠣。これ、一見一つに見えて実は身が3つ盛り付けられていた。お会計が心配になるくらいに安かった。普通、一つで800円とかなのに。
 白眉は相変わらず、煮込み豆腐。魚の値段を気にしてろくに注文できない自分が、唯一安心して頼めるメニュー。 歴史の旨みを溜め込んだ煮込み汁で煮込まれる豆腐が不味いはずはなくて、実に美味しい。中野に訪れたらこれだけは食べたいメニューの一つ。
 最後に鮎の塩焼きを食べた。 先日に京都で食べた釣りものの天然鮎と比べると、やはり違いはあるのだけれど、これで十分美味しかった。値段は半額以下なのに。 やはり結論はこの店に来たら、豆腐煮込みは食べないといけないと思います。お金があれば刺身系もw
# by atsushisaito | 2014-07-30 12:40 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

Nicoló Degiorgis 「Hidden Islam」






















published by RORHOF, 2014, edition of 1000,

 手にして数ページ捲った瞬間に、ビビビとくる写真集が稀にあるが、この本がまさしくそれ。発売以前から、Martin Parrが序文を書いてることで気になっていた本だったが、北イタリアのNicoló Degiorgis達が運営している出版レーベルから直接買うほど気になっていたわけではなく、発売してしばらく経った後、flotsam booksに注文していた本をいろいろまとめて送って貰ったのだが、その中にあった一冊。 注文していた本などで、送られてきた本のそのどれもが気になっていたものだったが、とりわけこのHidden Islamを触ってみて「凄いな、これは、、、」と興奮した。 その興奮をtwitterで書くと、その日にflotsamの在庫はなくなってしまった。そして翌日にはフランスのアルルで行われていた写真祭でHidden Islamが賞を受賞して、それから世界各国で出版社に注文があったのだろう。 瞬く間にsold outになってしまった。 たまたま押さえてもらっていたので手に入った本だが、のんびりしていたらこの2014年で最大の注目を集めた一冊であるこの本を手に入れるチャンスを逃していたかもしれない。  しかし、まだ2014年も半分を過ぎたところ。11月にはパリフォトのブックアワードもあるので、この作品の動向が気になる。 これだけのスピードで売れてしまったので、2nd editionの発売の動きもあるとか。
 REMINDERS PROJECTのページにMartin Parrの序文が日本語訳されているので、作品の内容はそちらで。 というわけにもいかないで、こちらでも簡単に。 撮影地はイタリア北東部。イタリアでもイスラム信者が増え続けていて、深刻なモスク不足に悩まされている。モスクというと、あまりイスラムに馴染みがない我々は、大きさの大小はともかくタージマハルのような立派な宗教施設を思い浮かべがちだが、作品を見てみるとそれほど様式に囚われずともいいのかもしれない。 倉庫やお店、果てはディスコまで間に合わせのモスクとして利用されている。
 作品は8つのチャプターで構成されていて、例えば最初の章は「倉庫」。一見、普通の倉庫のモノクロ写真が連続するのだが、折り込まれたページを開くと、カラーのお祈りをしている中の様子が広がる。余計な情報を排除した写真、しかし実は中でお祈りをしている、このギャップがこの作品の面白さでもある。 でも、僕はこの折り込まれた「答え」はサービス過剰で蛇足でもあるのでは、と思う。というのも、このお祈り風景がなくても、外観の写真だけで強烈に面白い。 人の不在こそが逆にその存在を感じさせてくれる。もちろん、これが宗教施設として使われている場所とは、説明されなければわからない。 でもそのわからなさがわかった瞬間、一気に写真の見方が変わり、面白さを実感しようとその光景を自分の体験のように眺めることができる。
 ちょっと恥ずかしい話だけど、最初にこの本を手にしたときに、実はページが折り込まれていることを知らなくて、建物の外観の写真だけで興奮して、そこで初めてこの作品について調べだしたところ、カラーの折り込みページがあることを知り、やられた、と勝手にやられた感を一人で味わっていた。 建物の写真だけでいい、というのは個人的にこの折り込みページという存在が好きではなくて、折り込まれたものを開いて戻すという作業がどうも苦手。この作業、丁寧にやらないと写真集が傷む。さっそくこの本も戻し方が不十分で変なところに折り目をいくつも作ってしまった。なので、これからこの本を触る人は、少しばかり慎重にページを開いて戻さなければすぐに傷むことになってしまう。 まあ、それは作品と全く関係ない話だけど。
 とにかくお勧めな一冊。残念ながら売れ方が凄まじく、版元はもとより、書店にも在庫がない状態。2ndが刷られたら是非、手に入れてもらいたい。 余談だが、これを手に入れる数日前に、新大久保の眠らない24時間営業の八百屋を取材したテレビ番組を観ていて、その向かいがちょうどこういうお店の奥が実はモスク、という場面があり、作品を見ていて、その様子がありありと目に浮かんだしだい。 
Tags:# 
# by atsushisaito | 2014-07-29 16:43 | 写真集 | Trackback | Comments(0)

頑固一徹@新井薬師


 意外と話題にならないけれど、けっこう昔から魚介豚骨なラーメンを作り続けていて、それなりに美味しくて好きなお店。最近行ってないけど。 味がわかってると行かなくなってしまう典型というか。
 ラーメンを注文すると器にたっぷりの汁なので、この時にそれは少し重いかな、ということでつけ麺。 驚いたことに麺が太麺に替わっていた。いままでのラーメン用の麺の細麺でチープな感じのつけ麺を想像していたので、少し意外に思った。 たしかにつけ麺には適していない麺だったけど、あれはあれで好きだったなあ。
 そしてつけ汁。いつもの頑固一徹の美味しいスープでいいのだけど、なぜかモヤシがたっぷり。モヤシを食べきらないと、麺を浸けることすらままならない。おそらく二郎系の影響なのだろうけど、こういうのって食べる側としては迷惑に他ならないから、やめて欲しい。もしくは野菜入れるか入れないかのコールは必要かと。
 なんだか昨今のつけ麺の公約倍数的なものになってしまったけど、もう少しどこかに針を振ってみれば凄いラーメンになるのになあ、といつも思う。
 
 
# by atsushisaito | 2014-07-29 12:22 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

ロックフィッシュ@銀座


 近所のギャラリーから、ちょっとした打ち合わせにその近くのロックフィッシュに。初めて行くところで、近すぎるのか少し迷って到達。 もちろんこの有名なバーの存在は知っていたけれど、行くのは初めて。扉を押して中へ行くと、意外と普段着の雰囲気でなんだか安心した。
 カウンターは立ち飲み、その奥のテーブルに座った。 定番のハイボールを注文して、お通しの落花生をボリボリと食べる。味についてとりわけどうこういうほどハイボールを普段から飲んでないので、なんともいえないけれど、氷なしのスタイルで、普通に美味しかった。
 席で飲んでる間に、カウンターに一人で女性が来たりしていて、ちょっとした時に軽く飲みに来れる店なんだなあ、と。 でも夜は繁盛していて、静かにってわけにはいかなそう。それはしょうがないか。
# by atsushisaito | 2014-07-28 12:01 | 飯@中央区 | Trackback | Comments(0)

すぎ本@鷺ノ宮


 忘れてたけど、前回も醤油ラーメンを食べていたんだな、、、。そして今回も醤油ラーメン。佐野実氏のもとで修業されていたお店。ラーメンそのものの味はそれほどの強い繋がりはないのかなあ(らー博の支那そばやで何回か食べたくらいだし)。 もうなんかよくわからなかってきた感(ラーメンに対して)もあるのだけど、前回より醤油の印象が強いかなあ、と。食べる側の加齢の都合で、そのあたりの具合は大きくその印象は変わってきてるのだとも思う。
 全粒粉の麺はつるつるとした食感で美味しい。 前回食べたときのいい加減な記憶ではもっとあっさりのイメージだったけど、このタイプではいろんな意味で濃いタイプ。鳥と豚の二種類のチャーシューは食感も違って、いいアクセント。次は塩かなあ。 また忘れて醤油ラーメンを注文しそうだけど。 でもスープを飲み干すくらいに美味しかったです。
# by atsushisaito | 2014-07-27 12:39 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >