roshin books 



roshin books やってます。
roshin books

Tags:# 
# by atsushisaito | 2015-07-14 18:49 | 写真集 | Trackback | Comments(2)

張り込み日記展のお知らせ、と写真集飲み会のお知らせ



2015年4月3日(金)~2015年5月10日(日)
 
渡部雄吉 張り込み日記 写真展
Yukichi Watabe Stakeout Diary photo exhibition

時さえ忘れて
福島県会津若松市栄町1-40 2階
0242-22-0530
http://tokisaewasurete.hatenablog.com/
会期中 charge 500yen

OPEN 17:00-3:00
(日曜日 15:00-24:00)
CLOSE 月曜日

酒場での写真展です。お一人様一杯のご注文をお願いします。また、作品保護のため、展示期間中の店内での喫煙はご遠慮いただきます。

 
 というわけで、春から福島県の会津で、張り込み日記の写真展がおこなわれます。「酒場」と表記されていますが、これはご主人のこだわりでそう呼んでいるだけで、感じは広めなバー、もしくはカフェといった感じの雰囲気です。 酒場っていうと太田先生が、んんん、、うまいね、これは綺麗なお酒だ、、、て呟いていたり、吉田類が汚い顔でカンパーイ!っていってそうなイメージが先行してしまうので、ちょっと補足させていただきました。。。 
 会津はこの季節、桜も見頃だそうです。 今年の1月に初めて会津に行ってみたけど、コンパクトに観光スポットがまとまっていて、楽しめました。東山温泉も、観光巡回バスのルートに組み込まれているので、日帰り温泉もレンタカーなしで行けたり。 僕にはさざえ堂がツボでした。
 電車で喜多方市で定番のラーメンもよし、馬刺しもよし、はたまた蕎麦も旨しで、食も魅力的。そして高速バスは予約すると片道2500円という安さ。新宿から成田にリムジンバスで行くほうが高いという、、、、。 
 写真展の内容は、額装したプリント展示の他に、ナナロク版を製作する際の編集用に焼かれた小さいプリントがたくさん展示されます。 また写真集展示も。フランス版は3刷まで出版されていますが、貴重な1stを含む3冊を展示(表紙に小さく貼られた写真が違う)、それに加えroshin books版の5種の表紙(初版3種 2nd 1種 special edition 1種)、そしてナナロク版と勢揃いします。
 会場でのナナロク版の販売もあります。 こだわりのお酒とともに、張り込み日記の世界をご堪能ください。


 写真集飲み会、次回は4月18、19日。原宿のVACANTで行います。是非遊びにきてください。

【飲めるブックフェア 写真集飲み会!】
 写真集飲み会ってなに?っていう疑問、わかります。会場には写真集を販売するブースとお酒を販売するブースがあります。単純にお酒を飲める写真集が中心のブックフェアと解釈していただければいいかと思います。もちろんノンアルコールのドリンクもあります。
 最初は居酒屋の隅っこで写真集好きが集まり、写真集を回し見るという暗い集まりが始まりでした。それを写真集飲み会と適当に名付けました。次第に参加者が多くなってきて開催場所を拡張していった結果、今回のような形となりました。
 ブックフェアって意外と殺伐としてるじゃないですか?ブースで出展者がふんぞり返っていたり、内輪でわいわいしてたり、え?お前、買うの?的なオーラって感じたことないですか?あの本ちょっと気になるなあ、と思いつつもブースの前を素通りして、でまた一周して勇気を出して手に取ってみるとか。なんか、そういうのではなくてお酒を片手に出展者と参加者の距離が近い、または参加者と参加者の交流があって、隣の人に何買ったんすか?って言えるようなイベントにしたいと思いました。だから、なんとかブックフェアって格好いいイベント名にするのは簡単だったのですが、このちょっとどころじゃない格好悪さの「写真集飲み会」っていうイベント名を残しました。
 あと、やはり私たちは写真集というものが好きなので、まだ写真集というものに対して自分とは遠いものと感じられている人がいるのであれば、とてももったいないと思うので、是非この機会にいろいろと触って見てもらいたいと思います。出展者の方々には、普段お店の店頭に出していない流通時に傷んでしまったような、いわゆるB級品のような安い価格帯のものも用意してもらえるようお願いしています。ブックフェアなんて行かなくても実店舗に行けばいい、そんな風には言わせないイベントでありたいと思います。

4月18日(土) 13時00分~21時00分
4月19日(日) 12時00分~20時00分
【料金】
入場料 500円

【販売ブース出展予定】

(順不同、敬称略)
Shelf
ナナロク社
newfave
Rondade
Osiris
twelvebooks
flotsam books
roshin books
赤々舎
SO BOOKS
リブロアルテ
山羊舎
二手舎
IMA concept store
Tycoon books
match and company
街道
book of days
代官山蔦屋書店
https://www.facebook.com/events/763394953756260/
http://shashinshunomikai.tumblr.com/
Tags:# 
# by atsushisaito | 2015-05-10 20:39 | 写真展 | Trackback | Comments(0)

松本丸の内ホテル@長野県松本市




 ちょっと変わった構成のホテルで、旧第一勧業銀行という文化財の建物にビジネスホテルが併設されている。で、朝食会場はこの旧第一勧業銀行の方で食べる。部屋は普通のビジネスホテルにしては、なかなかいい方。リーズナブルなのに清潔感もあってwifiもあって。っていうのが海外ではびっくりするほど少なくて、このクラスは日本が一番満足度のレベルが高くて安心して泊まれる。
 で、なによりびっくりしたのが、この朝食会場。普段、結婚式の披露宴で使われているところみたい。ひな壇、そしてライティング設備も完備。んー、天井が高いこの建物での披露宴、なかなかいいものなんだろうね、と思いつつ、ここで汚いかっこうで朝食を食べてる自分との世界が、あまりにも不釣り合いなのでなんだか恥ずかしくなる。高級な場所で恥ずかしくなるのとは、また違った感じ、、、。
 冬場で閑散期なのか人の気配が少ない会場だったけど、スタッフや料理はきちんと用意されていて、品数もホテルの値段を考えると十分。食後もゆっくりお茶を飲みながら新聞を読んだりして、のんびりできた。丸の内の名前の通り、松本城の天守まですぐ近く。駅からはちょっと遠いけど。
 
 
 
 
# by atsushisaito | 2015-03-27 10:23 | 飯@23区外 | Trackback | Comments(0)

石松@中野




 串2本だけ食べて帰ってる、、、。
# by atsushisaito | 2015-03-26 12:51 | 飯@中野 | Trackback | Comments(0)

メインバー コート@長野県松本市


 この日の最後の〆に訪れたメインバー コート。松本はいいバーが多い街だそうだが、その中でも有名なところ。蔵をそのまま使っているのか、模しているのか日が落ちて暗く、そして酔っ払ってる状態ではよくわからなかったが、いい雰囲気だなあ、と扉を開けて2Fへ。
 僕の中ではだいたいのバーは、オーセンティックかそうじゃないかのどちらかなので、オーセンティックで素敵なバー、という表現がなんだかもっと違ういい方があるんじゃないか、と思ったりもするのだが、オーセンティックで素敵なバー。あ、でも木の温もりが強かったような印象。
 お酒はジントニック。これ、グラスがすごくどっしり重くて、ジントニックのグラスで、こういうのを使っているとこで飲むのは初めて。まあ、それだけ他の店に行っていないということだろうけど。グラスといえば、新潟の春日はとても薄かったなあ。 
 お通しはミニグラタン。和づくしだったので、洋風なこってり感が嬉しい。バーテンダーと少しお話して、で、毎度のことだけど、松本のお薦めのお店を教えてもらったりして、ごちそうさま。
# by atsushisaito | 2015-03-25 12:17 | 飯@23区外 | Trackback | Comments(0)

森本@渋谷




 ビールを注文して、簡単につくね、砂ずり、はつにレバー。 さくっと一杯。つくねに練り込まれている柚子がいいアクセント。
# by atsushisaito | 2015-03-24 12:47 | 飯@渋谷区 | Trackback | Comments(0)

山女や@長野県松本市

 




 8オンスでいい感じに酔っ払って、山女や。ほぼ満席でダメかなあ、と思ったら一人分だけ席が空いていて、座れた。店内を見回すと、小さい座敷があって、そこは空いていた。すぐに3人の客が来て埋まったけど。そういえばあの人たちも8オンスで飲んでた人だ。 8オンスをスターターに、この近辺の酒場に流れるのが、定番なのかな。地元の人には。
 お酒は信濃錦の特別純米をいただく。ここは信濃錦一択のお店で、ほぼ全ラインナップが揃っているみたい。8オンスで飲んだあとだから、少し高く感じるがこれが普通。むしろ安いか。
 わりとなんでもある感じの居酒屋だけど、やはりその中でもメインは焼き鳥。紙に欲しい本数を書き入れて渡す。しかし、この大根おろしがのってるはなんだっけ??? あと焼き鳥を3本ほど食べたところで、けっこうお腹一杯に。 でもこんな少しで引き下がるのはくやしいので、漬け物を注文。美味しいけれど、全部食べきれず、、。けっこう量が多かった。
# by atsushisaito | 2015-03-23 12:41 | 飯@23区外 | Trackback | Comments(0)

福ちゃん@渋谷




 制限時間、注文は最初の一回注文の立ち食いの酒場 福ちゃん。一つ一つの盛りが多いので、始めから焼酎ロックで始めた。ドリンクの注文は制限時間内だと、何度でも注文ができる。注文は一度限り、ホワイトボードへの集中力も、この始まりの時間が最高潮。
 肝心なことは注文しすぎないこと。あれもこれもと注文してしまうと、最後に苦しむのは自分だ。注文を待つおばちゃんからのプレッシャーを耐えながら選択したのは、生牡蠣、ひらめ刺し、極上マグロ刺し。
 生牡蠣は赤穂は坂越のもの。たしか一昨年あたりに赤穂に訪れた時に食べた。本当に一年でこんなに育ってしまうのか、と山から流れる豊かなミネラルをたっぷりと身に蓄えた一年牡蠣の名に恥じない味で、素晴らしい。ただ、僕としてはこんなに美味しい牡蠣に、紅葉おろしを最初からのせてしまうのはもったいないと思う。いつもお箸でよける。
 ひらめ刺しの上品な旨味もさることながら、エンガワの味わいがこれまた美味。まぐろは中トロ。強さはもちろん中トロなんだけど、赤身の方の舌触りの心地よさがこれまた。お値段はそこそこするが、間違いのない一品。 
# by atsushisaito | 2015-03-22 12:42 | 飯@渋谷区 | Trackback | Comments(0)

川田喜久治 Kikuji Kawada 「The Last Cosmology」














published by MACK, 2015,
Tags:# 
# by atsushisaito | 2015-03-21 13:02 | 写真集 | Trackback | Comments(0)

8オンス@長野県松本市



 酒屋さんが経営してる立ち飲みのお店。いわゆる角打ち的なのだが、内装がきっちりしているので、若い人も入りやすい雰囲気。そしてなにより、酒が安い。安すぎて、この値段に慣れてしまうと他の店で飲めなくなってしまう、というくらい。
 ビール、ウイスキーも充実、もちろん地酒も。飲んだのは豊香の純米生。たしか400円だったか。たっぷり一合はいっていて嬉しい。おつまみも200前後の酒飲み仕様のものから、ちょっとした洋食まで。 
# by atsushisaito | 2015-03-21 12:56 | 飯@23区外 | Trackback | Comments(0)